ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://www.wingarc.com/

ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://www.wingarc.com/

リンク

マガジン

  • ウイングアーク1stのできごと

    • 77本

    ウイングアーク1stでの日々の出来事をお届けしています。

  • ENGINEER TECH BLOG

    • 7本

    ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。

  • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

    ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。

  • データ活用LOVERS

    ウイングアーク1stのプロダクツやソリューションの活用ノウハウについて、社内外のデータ活用を愛する人たちの声をお届けしていきます。

  • データのお祭り「updataNOW 21」

    データでビジネスをアップデート! ウイングアーク1stのフラッグシップイベント「updataNOW21」についてお届けします。

ウイングアーク1stのできごと

ウイングアーク1stでの日々の出来事をお届けしています。

すべて見る
  • 77本

大学生がウイングアーク1stにやってきた!臨時Wellness委員会で未来の健康を考える

ウイングアーク1stでは健康経営を推進しており、これまでも様々な取り組みを記事でご紹介してきましたが、この夏、健康経営を学ぶ大学生のみなさんがオフィスにやってきて「もし自分がウイングアーク1stの社員だったら、どんな健康施策をとるか」についてディスカッションいただく企画がありました。今回はその様子をレポートしていきたいと思います。出てきたアイディアの中から、今後弊社の施策になるものもあるかも?!ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。   弊社が健康経営を推進するにあたり助

スキ
9

将来の夢はエンジニア??「モノづくりのたのしさ」をオンラインで学ぶ~2022年夏編~

今回のnoteでは、子どもIT教室「LITE1(ライトワン)」についてお伝えしていきます。最近では、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、オンラインで実施しているプログラミング教室です。 前回の開催レポートはこちら↓ ウイングアーク1stのサステナビリティ活動 ウイングアーク1stでは、世界で取り組む持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、サステナビリティ活動に取り組んでいます。その取り組みの一環として、将来の日本を背負う子どもたちにITを通じて「楽しさ」と「感動」

スキ
18

オンライン会議映り方指針からヘルスケアまで、リモートワークノウハウをまとめてみました!

こんにちは、広報の古荘です。今年の桜前線は平年より足早に北へと移動していましたが、みなさんは桜の季節を楽しめましたか? 東京では、花曇りの日が多く青空とピンクのコントラストを楽しむ機会が少なかったのですが、そんな花曇りの中、私が楽しんだ桜がこちら↓ とっても曇っていますが(笑)、桜の生命力を感じます! さて、先月のnote↓では、ニューメンバーを迎える側に向けて、トリセツやチーム力向上に関するチップスなどまとめてご紹介していましたが、今回は新しい組織にジョインしたニューメ

スキ
17

春、ニューメンバーを迎える準備万全ですか?

新しいメンバーが入ってくる春に向けて、迎える側も準備を本格的に開始している時期ではないでしょうか。今回は、弊社が取材してきたウイングアーク1stの取り組みの中から、参考情報をいくつかご紹介していきます。 あなたはナニモノ?リモートワークでも出社していても、一緒に働くメンバーがどんな人物なのか、まず気になりませんか? どんなキャリアでここに来たのか、何が得意なのか、どんなコミュニケーションを好むのか、など、いわば自分のトリセツを1枚にまとめてチームでシェアすると、よりスムー

スキ
16

ENGINEER TECH BLOG

ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。

すべて見る
  • 7本

子どもIT教室「LITE1」参加後の追加課題②

LITE1に参加してくれたみんな、こんにちは!あっくん先生です。 授業(じゅぎょう)でやったことは覚えているかな? もちろん!・・・でももっとやりたい! そんなみんなのために追加の課題を用意しました。 授業でやったことより高度な技術(ぎじゅつ)なので、わからなくても大丈夫(だいじょうぶ)! やさしく解説(かいせつ)するから、よーく聞いてね。 追加課題①を先に読んでね!あの「じゃんけんロボ」が真の姿に・・・!? 対象(たいしょう)読者dejiren(デジレン)を使った授業を

スキ
11

子どもIT教室「LITE1」参加後の追加課題①

LITE1に参加してくれたみんな、こんにちは!あっくん先生です。 授業(じゅぎょう)でやったことは覚えているかな? もちろん!・・・でももっとやりたい! そんなみんなのために追加の課題を用意しました。 授業でやったことより高度な技術(ぎじゅつ)なので、わからなくても大丈夫(だいじょうぶ)! やさしく解説(かいせつ)するから、よーく聞いてね。 対象(たいしょう)読者dejiren(デジレン)を使った授業を受けたみんなが対象です。 dejiren(デジレン)にログインできなくて

スキ
8

JBangならJavaをScriptにできる(かもしれない)話

あいさつ初めまして、WingArc1stに所属しています「はやみ」です。普段は新潟で働いています。よろしくお願いします。 JBangとはJBangとは、Javaのソースコードをスクリプトの様に明示的にコンパイルせずに、手軽に実行できるものです。 Javaとの比較「それJavaでも出来るのでは?」と思った方は、最近のバージョンを使ってますね。Java11からは、javaコマンドで.javaファイルを指定して実行する事が出来ます。 JBangでは、素のJavaと比較して次の様

スキ
11

コードファーストでOpenAPIを爆速で定義できるFastAPIを使おう!

テックブログ担当させていただくことになりましたTakです。業務ではJavaのサーバーサイド実装が主なのですが個人的にはPythonが好きです。私の業務では使っていませんがPythonについての記事になります。 OpenAPIとは?REST APIを開発する際にAPI仕様書をOpenAPI Specificationで用意するのは一般的です。「OpenAPIとはなにか」が分からない場合はググってもらうとたくさん解説が見られるのでそちらをご覧ください。 簡単に言えば、「あるRE

スキ
17

ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。

すべて見る

金の卵インタビュー🥚人一倍大好きだった製品のリブランドプロジェクトリーダーに立候補!

ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があり、本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちをご紹介。 前回の橋口に続いて登場するのは、Business Document事業部(以下、BD事業部)の四之宮です! ―BD事業部の熱さの源泉となっていると評判高い四之宮さんですが、今年のGolden Gloveに推薦された経緯を教えてください。 四之宮:文書

スキ
19

金の卵インタビュー🥚超大型案件獲得につながった”心温かいサポーター”の寄り添う心

ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があり、本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちをご紹介。前回のマーケティング本部MOFD部の坂井に続き、今回は営業本部から橋口をご紹介します! ーこれまでどのような軌跡があってGolden Glove賞候補者になられたのでしょうか。 橋口:2019年12月にウイングアーク1stに中途入社し、営業職として弊社パ

スキ
21

金の卵インタビュー🥚 営業とマーケティングの間で新部門を立ち上げた!

ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があります。本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちを複数回にわたりご紹介!。初回に登場するのは、マーケティング本部MOFD部の坂井。BtoBビジネスの中でも旬な「インサイドセールス」を率いるリーダーです! ーこれまでどのような軌跡があってGolden Glove賞候補者になったのでしょうか。 坂井:2016

スキ
58

企業理念が私たちを1つにする――「Empower Data」「Innovate the Business」そして「Shape the Future」へ

どんな企業も「価値観や経歴が異なる人の集合体」と言えるでしょう。多様性を大切にする企業ならなおさらのこと。そんな人たちが何でまとまっているかといえば「ビジョン」や「企業理念」です。では、我々ウイングアーク1stは、どんな理念を持ち、その結果、何を実現しているのか。今回は代表取締役 社長執行役員CEOの田中潤が話します。  出発点は「帳票のDX」 —今、世の中でも「データの活用で世の中が変わる」と言われています。具体的にはどう変わっていくのでしょうか?   田中:まず、働く

スキ
25

データ活用LOVERS

ウイングアーク1stのプロダクツやソリューションの活用ノウハウについて、社内外のデータ活用を愛する人たちの声をお届けしていきます。

すべて見る

イベントレポート後編:Dataful Day Vol.5 〜みんなで目指そう!データ活用推進者への道 -「わたしたちのデータドリブン宣言」

「データ活用で世界を笑顔に」をビジョンに掲げて活動するユーザーコミュニティnestが主催する年に一度のオンラインカンファレンス「Dataful Day Vol. 5 〜みんなで目指そう!データ活用推進者への道」が2022年2月10日に開催されました。 その目玉イベントである特別対談『今注目の「ビジネストランスレーター」という役割 ~データ活用の先にみえるもの~』の内容については前編の記事でお伝えした通りですが、この後編ではイベントの後半に行われたもう一つのハイライトである「

スキ
7

イベントレポート前編:Dataful Day Vol.5 〜みんなで目指そう!データ活用推進者への道 - 特別対談「今注目のビジネストランスレーターという役割 〜データ活用の先にみえるもの〜」

2022年2月10日(木)にユーザーコミュニティ“nest“による年に一度のオンラインカンファレンス「Dataful Day Vol. 5 〜みんなで目指そう!データ活用推進者への道」が開催されました。nest発足から5年目となる今年はこれまでの「ツールをよりうまく使うにはどうすればよいのか?」というフェーズからさらに一歩深いところへと視点を進め、「データ活用推進者になるためにはどんなアクションを取るべきか?」という部分にフォーカスした内容となっていました。 3時間に渡って

スキ
4

【他力本願】SQLで文字列の出現回数を調べる

(1)住所表記のゆれに悩まされる様々なシステムからのデータをDr.Sumにインポートする中での永遠の課題「システムによって住所表記が異なる」。私のDr.Sum環境では緯度経度データを住所文字列(建物単位)に紐付いてもっており、できるだけ住所を決まった形式に整える必要があるけど、システムごとに揺れまくりがちなのが住所表記。炸裂する各システムの自由っぷりは、どうぞ以下の例をご覧下さい。 (例)いっちょうめ いちばん いちごう →広島市中区基町1-1-1 →広島市中区基町1丁目1

スキ
2

Dr.SumのTableau接続にかける思い

こんにちは、Business Intelligenceマニアです。 今回はDr.Sum Ver 5.6の新機能であるSQL強化の中で、TableauとDr.Sumが接続できるようになるという素晴らしい内容について、その期待する効果や今後の実現したいことについて、記事にしました。 3分でサクッと読める内容となっております。 自己紹介ぼくはITベンダーで数々のBIツールの提案・構築をおこない、そのままBIメーカーに転職。現在はフリーランスとしてBI案件に携わりながら町中華の

スキ
9

データのお祭り「updataNOW 21」

データでビジネスをアップデート! ウイングアーク1stのフラッグシップイベント「updataNOW21」についてお届けします。

すべて見る

〈初企画!〉CTO CROSS TALK  ウイングアーク1st島澤CTO x Sansan 藤倉CTOがエンジニアのみなさんに愛と勇気をお届け!

みなさんこんにちは!先月オンラインでビジネスカンファレンス「updataNOW21」を開催しまして、データでビジネスをアップデートしたい多くの方(約14,000名!)にご覧いただきました、ありがとうございました! さて今回は、updataNOW21の中でも異色のセッション「CTO CROSS TALK」を特別にレポートしていきます。おふたりのトークすべてを書き起こすとかなりのボリュームになってしまうため、ショートバージョンでお届けします。本編を動画で見たい!!という方は、

スキ
32

〈CM撮影編〉今年もやってきた!「updataNOW21」開催します

今年もあと3か月を切りましたね!そしてupdataNOW21開始まで、あと1週間!となりましたが、皆さんお元気ですか? 「updataNOW21」の本番までの様子をシリーズでお届けしている第4弾は、CM撮影を追いかけ、今年、約20のCMを制作・撮影を担当したマーケティング本部の建入さんと一緒にCM撮影の現場をレポートします。  弊社以外にも多くのスポンサー企業の皆様にサポートいただいているこのイベントでは、イベント期間中、セッションの間にスポンサー企業様のCMを配信する

スキ
23

〈事前収録現場を突撃編〉今年もやってきた!「updataNOW21」開催します!

こんにちは!先月より、弊社のオンラインビジネスカンファレンス「updataNOW21」の本番までの様子をシリーズでお届けしています。updataNOW21開始まであと28日! updataNOW21では、今回ご紹介する事前に収録する形式と、よりLIVE感を出すためイベントの期間中10/12~10/14にLIVEで配信するものの2パターンあります。今回は、9月上旬におこなわれた事前収録の現場を突撃してみました!ぜひ、実際に現場に遊びにいらした気分で読んでいただければ幸いです

スキ
19

〈セッション編〉今年もやってきた!「updataNOW21」開催します!

こんにちは!ついに9月になりましたね!前回から弊社のオンラインビジネスカンファレンス「updataNOW21」の本番までの様子をシリーズでお届けしています。updataNOW21開始まであと40日! ▼前回のクリエイティブ編はこちら  今回は約50セッションが揃う今年のイベントについて、セッションチームを引っ張る今中さんと鈴木さんに、そもそもどうやってセッションを構成していくのか、みどころはどこなのか?聞いてみました! ▼ちなみに今年の構成は3日間でこんな感じです!

スキ
19