ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://www.wingarc.com/

ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://www.wingarc.com/

リンク

マガジン

  • ウイングアーク1stのできごと

    • 77本

    ウイングアーク1stでの日々の出来事をお届けしています。

  • ENGINEER TECH BLOG

    • 7本

    ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。

  • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

    ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。

  • データ活用LOVERS

    ウイングアーク1stのプロダクツやソリューションの活用ノウハウについて、社内外のデータ活用を愛する人たちの声をお届けしていきます。

  • データのお祭り「updataNOW 21」

    データでビジネスをアップデート! ウイングアーク1stのフラッグシップイベント「updataNOW21」についてお届けします。

最近の記事

大学生がウイングアーク1stにやってきた!臨時Wellness委員会で未来の健康を考える

ウイングアーク1stでは健康経営を推進しており、これまでも様々な取り組みを記事でご紹介してきましたが、この夏、健康経営を学ぶ大学生のみなさんがオフィスにやってきて「もし自分がウイングアーク1stの社員だったら、どんな健康施策をとるか」についてディスカッションいただく企画がありました。今回はその様子をレポートしていきたいと思います。出てきたアイディアの中から、今後弊社の施策になるものもあるかも?!ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。   弊社が健康経営を推進するにあたり助

スキ
9
  • 子どもIT教室「LITE1」参加後の追加課題②

    LITE1に参加してくれたみんな、こんにちは!あっくん先生です。 授業(じゅぎょう)でやったことは覚えているかな? もちろん!・・・でももっとやりたい! そんなみんなのために追加の課題を用意しました。 授業でやったことより高度な技術(ぎじゅつ)なので、わからなくても大丈夫(だいじょうぶ)! やさしく解説(かいせつ)するから、よーく聞いてね。 追加課題①を先に読んでね!あの「じゃんけんロボ」が真の姿に・・・!? 対象(たいしょう)読者dejiren(デジレン)を使った授業を

    スキ
    11
  • 子どもIT教室「LITE1」参加後の追加課題①

    LITE1に参加してくれたみんな、こんにちは!あっくん先生です。 授業(じゅぎょう)でやったことは覚えているかな? もちろん!・・・でももっとやりたい! そんなみんなのために追加の課題を用意しました。 授業でやったことより高度な技術(ぎじゅつ)なので、わからなくても大丈夫(だいじょうぶ)! やさしく解説(かいせつ)するから、よーく聞いてね。 対象(たいしょう)読者dejiren(デジレン)を使った授業を受けたみんなが対象です。 dejiren(デジレン)にログインできなくて

    スキ
    8
  • JBangならJavaをScriptにできる(かもしれない)話

    あいさつ初めまして、WingArc1stに所属しています「はやみ」です。普段は新潟で働いています。よろしくお願いします。 JBangとはJBangとは、Javaのソースコードをスクリプトの様に明示的にコンパイルせずに、手軽に実行できるものです。 Javaとの比較「それJavaでも出来るのでは?」と思った方は、最近のバージョンを使ってますね。Java11からは、javaコマンドで.javaファイルを指定して実行する事が出来ます。 JBangでは、素のJavaと比較して次の様

    スキ
    11

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • ウイングアーク1stのできごと
    ウイングアーク1st 他
  • ENGINEER TECH BLOG
    ウイングアーク1st 他
  • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー
    ウイングアーク1st
  • データ活用LOVERS
    ウイングアーク1st
  • データのお祭り「updataNOW 21」
    ウイングアーク1st
  • 新入社員ジャーニー
    ウイングアーク1st 他

記事

記事をすべて見る すべて見る

    将来の夢はエンジニア??「モノづくりのたのしさ」をオンラインで学ぶ~2022年夏編~

    今回のnoteでは、子どもIT教室「LITE1(ライトワン)」についてお伝えしていきます。最近では、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、オンラインで実施しているプログラミング教室です。 前回の開催レポートはこちら↓ ウイングアーク1stのサステナビリティ活動 ウイングアーク1stでは、世界で取り組む持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、サステナビリティ活動に取り組んでいます。その取り組みの一環として、将来の日本を背負う子どもたちにITを通じて「楽しさ」と「感動」

    スキ
    18
  • コードファーストでOpenAPIを爆速で定義できるFastAPIを使おう!

    テックブログ担当させていただくことになりましたTakです。業務ではJavaのサーバーサイド実装が主なのですが個人的にはPythonが好きです。私の業務では使っていませんがPythonについての記事になります。 OpenAPIとは?REST APIを開発する際にAPI仕様書をOpenAPI Specificationで用意するのは一般的です。「OpenAPIとはなにか」が分からない場合はググってもらうとたくさん解説が見られるのでそちらをご覧ください。 簡単に言えば、「あるRE

    スキ
    17

    金の卵インタビュー🥚人一倍大好きだった製品のリブランドプロジェクトリーダーに立候補!

    ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があり、本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちをご紹介。 前回の橋口に続いて登場するのは、Business Document事業部(以下、BD事業部)の四之宮です! ―BD事業部の熱さの源泉となっていると評判高い四之宮さんですが、今年のGolden Gloveに推薦された経緯を教えてください。 四之宮:文書

    スキ
    19
  • Apache Commons VFS のすすめ (1)

    #プログラミング #Java #Apache #エンジニア​ #ITエンジニア​ #開発​ #ウイングアーク​ #ウイングアーク1st​ #テックブログ​ #エンジニア転職​ #エンジニア採用​ はじめに皆さんは、プログラム内からリモートサーバのファイルシステムにアクセスするとき、どのようにアクセスしているでしょうか? UrlConnection を使ってリクエストとレスポンスを解析する? 対象のファイルシステムが、FTP だったら、Apache Commons Net

    スキ
    23

    地方リモートで働く〜モノづくりが好きな新潟のスーパーエンジニア編〜

    弊社に入社して6年。一貫して新潟拠点から開発し、モノづくりにこだわる富永さん。インタビュー時は猛暑を記録した夏日でしたが、冨永さんのお写真を求めたところサンタさんのお姿(先どりすぎます!w)。そんなクールな富永さんですが、冷静沈着に応える中にも早朝からニュースチェックや勉強を欠かさない、など、モノづくりが好きな熱い想いが伝わってきましたよ。お読みいただけると嬉しいです。 趣味で個人開発を行う新卒入社6年目 —自己紹介をお願いします。  富永:新卒入社して、現在6年目になる

    スキ
    17
  • 運用を意識したログについて

    はじめに システムを運用する際は「ログ」はとても重要です。 これまでいくつものアプリケーションの保守・運用に関わってきましたが、必要なログが出力されていないことで苦労したことが多々ありました。 今回は開発者の方に向けて、運用観点でのアプリーションログについて触れたいと思います。 ログの用途についてまずはログの用途について触れたいと思います。 問い合わせ・障害発生時の調査 監査ログ 利用状況の確認 問題の前兆検知 これらの情報は非常に重要なもので、必要な内容が出力

    スキ
    25

    エンジニアブログをはじめました。

    皆様こんにちは!! ウイングアーク1stで、CTOに就任している島澤 です。   ウイングアーク1stってご存じでしょうか? 恐らく大半の方は知らないのじゃないかと思います。私達はBtoBのソフトウェアをメインとしている会社なので、一般の方には馴染みが薄いかもしれませんね。 ですが、普段手にしている郵送伝票や、メディアで目にしているデータはウイングアーク1stのソフトウェアで出力されているかもしれません!!   自分で言うのもなんですが、隠れた優良企業だと思いますし、私達が

    スキ
    24

    製品開発に長く携わるってどういうことですか?四捨五入10年の若手先輩エンジニアコンビに聞いてみました。~自社製品開発のベテランエンジニア編~

    今回は、Data Empowerment事業部において東京、札幌とそれぞれの場所で活躍するITエンジニア2名にインタビュー!2名の共通点は、同じ事業部に所属しているというだけでなく、新卒入社以来ひとつの製品開発に長く(7年生と12年生)携わり続けているということ。それぞれの担当製品への深い「愛」が感じられるインタビューになりました。ぜひご覧ください! 「MotionBoard」、「Dr.Sum」を開発する若手の先輩―それぞれ自己紹介をお願いします。 山田:新卒入社から現在

    スキ
    14

    金の卵インタビュー🥚超大型案件獲得につながった”心温かいサポーター”の寄り添う心

    ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があり、本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちをご紹介。前回のマーケティング本部MOFD部の坂井に続き、今回は営業本部から橋口をご紹介します! ーこれまでどのような軌跡があってGolden Glove賞候補者になられたのでしょうか。 橋口:2019年12月にウイングアーク1stに中途入社し、営業職として弊社パ

    スキ
    21

    金の卵インタビュー🥚 営業とマーケティングの間で新部門を立ち上げた!

    ウイングアーク1stでは、年に1度、全社を対象として、高い成果を上げコアバリューを体現した MVPを表彰する「Golden Glove賞」という表彰制度があります。本賞に推薦された、まさに「金の卵」のようなメンバーたちを複数回にわたりご紹介!。初回に登場するのは、マーケティング本部MOFD部の坂井。BtoBビジネスの中でも旬な「インサイドセールス」を率いるリーダーです! ーこれまでどのような軌跡があってGolden Glove賞候補者になったのでしょうか。 坂井:2016

    スキ
    58

    企業理念が私たちを1つにする――「Empower Data」「Innovate the Business」そして「Shape the Future」へ

    どんな企業も「価値観や経歴が異なる人の集合体」と言えるでしょう。多様性を大切にする企業ならなおさらのこと。そんな人たちが何でまとまっているかといえば「ビジョン」や「企業理念」です。では、我々ウイングアーク1stは、どんな理念を持ち、その結果、何を実現しているのか。今回は代表取締役 社長執行役員CEOの田中潤が話します。  出発点は「帳票のDX」 —今、世の中でも「データの活用で世の中が変わる」と言われています。具体的にはどう変わっていくのでしょうか?   田中:まず、働く

    スキ
    25

    ITエンジニアは激務なの? 入社4年目のリアルを聞いてみました。〜入社4年目同期クラウドエンジニア編〜

    弊社はIT企業です。私(非エンジニア)にとってITエンジニアのお仕事のトレンドは外部のニュースを読み「そうなのか」と潮流を知る日々・・・「世の中で囁かれているようにITエンジニアはモテ職なのか?激務?待てよ、灯台下暗し。ウイングアーク1stのエンジニアとしてのお仕事の実態はどうなのか?」で、入社4年目の開発職の同期コンビに、クラウドエンジニアのリアル、を訊いてみました!さまざまな質問への答えが対照的だった二人ですが、それぞれの部署で活躍しながらお互いをリスペクトしている素敵な

    スキ
    24