ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウ…

ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。2024年3月に20周年を迎えたウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://corp.wingarc.com/

リンク

マガジン

  • ウイングアーク1st20周年スペシャルマガジン

    • 6本

    2024年3月でウイングアーク1stは20周年を迎えました。

  • ENGINEER TECH BLOG

    • 89本

    ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。 アーキテクトを担うITエンジニアメンバー(社員)が、かわるがわる「ものづくり」のナレッジやそのソース、TechのHowToを発信します。

  • WARPの歩き方

    • 17本

    ウイングアーク1stのパートナープラットフォーム「WARP」の推進部門が運営するアカウントです。 「データ活用で世界を笑顔に」のためにエンドユーザー、パートナーの皆さまに役立つ情報を発信します。 https://www.wingarc.com/warp_partner

  • 採用広報ブログ

    • 50本

    ウイングアーク1stの人材獲得部門が運営する『採用広報Blog』です。 2024年4月より、以下サイトに引っ越しました。 WingarcBASE:https://wingarcbase.com

  • Wellnessな日々

    健康経営を推進するウイングアーク1stのWellnessな日々にまつわるマガジンです

最近の記事

  • 固定された記事

未来の選択肢を想像し続けた20年

人も企業も歴史あり。ウイングアーク1stは、2024年3月に創業20周年を迎えました。20年目を迎え、当社代表取締役 社長執行役員 CEOの田中潤に想いを聞いてみました。 -ベンチャーからスタートし20年。どんな道のりの歩みでしたか? 私は「ベンチャー」という言葉が誤解されていると感じます。一般的に「会社を立ち上げ株を上場する」イメージがありますが、本来は「自分のビジョンで世の中を変革する」ことを指すと思っています。 当社の20年の成長は、まさにそんな「ベンチャースピリ

    • 品川、渋谷、六本木……より快適なオフィス環境を求めて!ウイングアーク1stの進化するオフィス史

      人も企業も歴史あり。ウイングアーク1stは、2024年3月に創業20周年を迎えました。今回は本社オフィス史をお届けします。まずは1枚でわかる本社オフィスの変遷、ということでこちらをご覧ください。 初代の渋谷クロスタワーから品川に移り、この間に全メーカーのプリンタを設置・検証するラボがオフィスに設置され話題となったそう。そして2010年には第3世代として弊社初の自社ビルである1st渋谷ビルに移転。今回は、ウイングアーク1stの本社オフィスの歴史のうち、この第3世代の時代からを

    • Apache Commons VFS のすすめ (5)

      はじめに今回は、独自のファイルシステムにアクセスする Commons VFS のプロバイダーの作成手順を紹介します。 Commons VFS を使用する場合、デフォルトではサポートしていないシステムにアクセスしたいときには、基本的に他の方が作成したプロバイダーを探して導入することが普通ですので、あまり役立たないかもしれません。 しかし、Commons VFS の内部処理を知ることで、どのように動いているかを理解することは Commons VFS を使う上で助けになるはずで

    • サードパーティSDKを使用したiOSアプリのプライバシーマニフェストの話

      みなさん、こんにちは。ウイングアーク1stの いしま です。 2024-5-1から、iOSアプリのプライバシー要件が変わり、サードパーティSDKを使用している場合にプライバシーマニフェストが必要になりました。 私のチームでは、サードパーティSDKの Apache Cordova を使用して iOS・Androidのクロスプラットフォームのアプリを開発しております。このプライバシーマニフェストの対応に少し手間がかかりましたので、その内容についてご紹介します。 ※当記事は Ap

    • 固定された記事

    未来の選択肢を想像し続けた20年

    マガジン

    • ウイングアーク1st20周年スペシャルマガジン
      6本
    • ENGINEER TECH BLOG
      89本
    • WARPの歩き方
      17本
    • 採用広報ブログ
      50本
    • Wellnessな日々
      9本
    • ウイングアーク1st流カスタマーサクセス
      5本

    記事

    • OpenAI*Fast API*Renderで社内業務を効率化しようとした話

      はじめにはじめまして。ウイングアークでプリセールスを担当している田代です。普段は当社のサービスをお客様に提案する際の、技術面の要件整理やサポートを行っています。 今回は、いつもの業務からちょっとだけ離れて、よくある(と思われる)社内オペレーションの課題に対して技術を使った解決策を模索した経験についてお話ししたいと思います。 社内課題たいていの会社の社内オペレーションに「見積作成」業務があると思います。ここでは、顧客に提示する見積は、営業からアシスタントチームにまず依頼があり

      OpenAI*Fast API*Renderで社内業務を効率化しようとした話

      20周年の今振り返る、忘れられない営業物語

      人も企業も歴史あり。ウイングアーク1stは、2024年3月に創業20周年を迎えました。今回注目するのは、弊社の営業物語。星の数ほどの営業物語の中から誰よりもウイングアーク1stの営業を愛しているに違いない執行役員 CROの森脇に、20周年の今振り返る、忘れられない営業物語を聞いてみました。 20代の頃の営業拠点立ち上げ物語 ―2024年現在、執行役員CRO(Chief Revenue Officer)営業本部長としてどのような役割を担っていますか。 森脇:CROとしては

      20周年の今振り返る、忘れられない営業物語

    • ローカルLLMでメモ検索試してみた

      はじめに巷ではどこもかしもこ生成AIの話題で盛り上がってます。私の部署でもLLMを利用していきたいという話が上がりこれから準備を進めていく流れになってます。 私自身ChatGPTやGithub Copilotを軽く触った程度しかなく踏み込んだ使い方は全然わかっていないので、今回はLLMを用いて社内文章検索(PC内にある自分のメモファイル検索)をやってみようと思います。 目指すシチュエーションLLMを利用したシステムの題材でよく見かけるのが社内文章検索です。 今回はとりあえず

      ローカルLLMでメモ検索試してみた

    • セキュリティ事故

      はじめに 今月私の誕生日を迎えた翌日、大手出版企業において、ランサムウェアの感染を含む、大規模なサイバー攻撃の被害があったとのニュースがありました。 詳細はここでは記載しませんが、影響範囲としては一部の社内システムと有名サービスを含む顧客向けのサービスが停止した大規模なものでした。 3日で障害を受けたサービスに置き換わる新バージョンをリリースした開発チームに称賛したいと思う反面、自社の複数のサービスが停止にまで至り、復旧も1ヶ月以上かかるという被害にはぞっとしてしまいました。

    • 「設計・製造ソリューション展」「製造業DX展」のパートナー様ブースを訪問しました!

      2024/6/19~21 ビックサイトにて開催中の「設計製造ソリューション展(東京)」「製造業DX展」にて製造業向けソリューションとウイングアーク1st製品を連携してご紹介いただいている、パートナ様(販売代理店:WARPパートナー)様の出展ブースに行ってきました! 直接エンドユーザー様とコミュニケーションが取れる展示会。 特に実機デモは、より導入後に現場で使われるイメージを具現化してご紹介をいただいておりました。 ■東芝デジタルソリューションズ株式会社 「つなぐ!ものづ

      「設計・製造ソリューション展」「製造業DX展」のパートナー様ブースを訪問しました!

      「昭和99年脱ざんねんなデジタル化」キャンペーン始動!

      暦の上ではもう仲夏。令和6年の今年は、弊社創業20周年の年であり、昭和99年にあたる年でもあります。昭和、平成、令和と脈々と続く人の歩みの中には、素晴らしい進化がある反面、ときに副産物としてざんねんな事態が発生してしまうこともあるものです。 ウイングアーク1stは、本日6月10日、定点で調査している「企業間電子取引の実態調査2024」を発表しました。この調査は、帳票市場で20年以上トップランナーとして市場を牽引させていただいている弊社が、企業と企業の商取引における電子化の実態

      「昭和99年脱ざんねんなデジタル化」キャンペーン始動!

    • D.E.BASEエントランスの自動ドア認証システムを見てみる

      はじめにはじめまして、ウイングアーク1stのぺいと申します。 今回はD.E.BASEのエントランスにある自動ドア認証システムを見てみたいと思います。 社内メンバーと協力して面白い仕組みを作成しましたが、発信の機会が中々なかったのでこの場をお借りして紹介させていただきます。 みなさんは、D.E.BASEをご存知でしょうか? D.E.BASEは、エンジニアの育成と採用を目的とした、エンジニアのためのイノベーションラボです。 今回紹介するような、業務に関係ない取り組みや、エンジ

      D.E.BASEエントランスの自動ドア認証システムを見てみる

    • ウイングアーク1st製品導入のパートナー選びに迷ったら?「販売代理店一覧」ページでSIerを検索してみましょう!

      みなさん、こんにちは。「WARPの歩き方」編集長の若林です。 今回は、エンドユーザー様からよくいただくお悩み、 「業務課題や運用体制を理解し、的確な提案をしてくれるSIerを探したい!」そんな皆様のために、役立つサイトをご紹介します。単にSIerを探すだけでなく、最適なパートナーを見つけるためのポイントも解説します。 ■500社を超えるパートナー企業との連携ウイングアーク1stは、全国に500社を超えるパートナー企業と連携し、お客様のニーズに合ったウイングアーク1st製品

      ウイングアーク1st製品導入のパートナー選びに迷ったら?「販売代理店一覧」ページでSIerを検索してみましょう!

      創業20周年:帳票一筋、いまこそ、日本の「技」

      人も企業も歴史あり。ウイングアーク1stは、2024年3月に創業20周年を迎えました。 当社の祖業であり事業柱である帳票基盤ソリューション「SVF」には、創業前に遡る長い歴史があります。インタビュアーの私は、ちょうど1年前にウイングアーク1stに入社したのですが、入社前は「帳票基盤ソリューション」で国内シェア1位のSVF、という印象が強く、製品の保守がメインで新機能開発には消極的なのかと思っていました。入社してからは、守るべきところは、保守作業、サポート業務とし守り、攻めると

      創業20周年:帳票一筋、いまこそ、日本の「技」

    • 生成AIの能力をどう評価するか? ~激化するLLM競争を正しく見極めるために~

      はじめにはじめまして、ウイングアーク1stのこへもこと申します。 今回の記事では、大規模言語モデル(LLM: Large Language Models、以後LLM)の性能評価の裏側を紐解いていきたいと思います。 生成AI(Generative AI)、特にLLMの進化は目覚ましいものがあります。GPT-4o, Claude 3, Gemini 1.5, command R+など数々のモデルが登場し、その驚異的な能力により、自然言語処理(NLP)の分野だけでなく、多くの産

      生成AIの能力をどう評価するか? ~激化するLLM競争を正しく見極めるために~

      介護は突然やってくる~ウイングアーク1st流 仕事と介護の両立支援~

      4月のある日、サステナビリティ推進室が「介護は突然やってきます」と心に刺さりすぎるメッセージとともに全社向けに実施した「仕事と介護の両立支援セミナー」。 育児だと約1年の準備期間がありますが、介護の場合「明日介護がやってくる確率は0%か?」と聞かれれば、突然やってくる可能性を否定できないわけです。しかし「介護」と聞くと、実際に家族の介護が迫っている状態でないかぎり、「いつかやってくるもの」と漠然と思い描いてはいるものの、なかなか本腰をいれられない…まして仕事を含めた実際の自

      介護は突然やってくる~ウイングアーク1st流 仕事と介護の両立支援~

    • Java21で正式リリースされた Virtual Threads に触れる

      はじめまして!ウイングアーク1stのとむです。 普段の業務ではJavaでWebアプリケーションの開発をしています。 初めての記事投稿ということで、最近Javaに正式追加された Virtual Threads について書きたいと思います。 Virtual Threads とはProject Loom として開発された、高スループットを実現できる軽量なスレッドの実装です。 詳しい背景などは JEP 444 などで確認できます。 Virtual Threads が必要になった

      Java21で正式リリースされた Virtual Threads に触れる