ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウ…

ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://corp.wingarc.com/

リンク

マガジン

  • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

    ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。

  • 採用広報ブログ

    • 45本

    ウイングアーク1stの人材獲得部門、Talent Attraction & Acquisition部が運営する『採用広報Blog』です。 採用情報やイベント情報などはもちろん、ウイングアーク1stの事業・技術・人・カルチャーについても発信します。

  • ENGINEER TECH BLOG

    • 70本

    ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。 アーキテクトを担うITエンジニアメンバー(社員)が、かわるがわる「ものづくり」のナレッジやそのソース、TechのHowToを発信します。

  • WARPの歩き方

    • 14本

    ウイングアーク1stのパートナープラットフォーム「WARP」の推進部門が運営するアカウントです。 「データ活用で世界を笑顔に」のためにエンドユーザー、パートナーの皆さまに役立つ情報を発信します。 https://www.wingarc.com/warp_partner

  • ウイングアーク1stのできごと

    • 87本

    ウイングアーク1stでの日々の出来事をお届けしています。

最近の記事

  • 固定された記事

企業理念が私たちを1つにする――「Empower Data」「Innovate the Business」そして「Shape the Future」へ

どんな企業も「価値観や経歴が異なる人の集合体」と言えるでしょう。多様性を大切にする企業ならなおさらのこと。そんな人たちが何でまとまっているかといえば「ビジョン」や「企業理念」です。では、我々ウイングアーク1stは、どんな理念を持ち、その結果、何を実現しているのか。今回は代表取締役 社長執行役員CEOの田中潤が話します。  出発点は「帳票のDX」 —今、世の中でも「データの活用で世の中が変わる」と言われています。具体的にはどう変わっていくのでしょうか?   田中:まず、働く

    • 猫の日特別企画 うちの子可愛い!猫自慢2024

      2(にゃん)月22(にゃんにゃん)日は猫の日。昨年、8匹の猫ちゃんから始まった「うちの子可愛い!」企画。多くのスキ!をいただいた大好評の記事となり、その後の犬の日企画にも続くファンが多いシリーズです💛 そんな猫の日特別企画が今年もパワーアップして戻ってきたにゃ! 2024年版はリモートワークの人間とともに生きる16匹の猫ちゃんたちをお披露目します。ぜひ癒されていってくださいね。 まずはマーケティング本部Tさんちのオレオとマフィンだにゃん。 いつでも一緒オレオ&マフィン

    • 技育プロジェクト2023のふりかえり

      こんにちは。Talent Attraction & Acquisition部の新卒採用担当のジナンです! いつも採用広報ブログを読んでくださりありがとうございますm(__)m ウイングアーク1st株式会社は株式会社サポーターズが主催する『技育プロジェクト 2023』に、プラチナスポンサーとして年間協賛をしておりました。エンジニア職の新卒採用担当として、わたしは技育プロジェクトのイベントに年間を通して参加してきましたので、今回は年間協賛の取り組みについてのふりかえりが出来れば

    • AWS Lambda SnapStartを使ってみる

      はじめに業務開発案件ではよく使われているJavaなのですが、AWS LambdaでJavaを使う場合には、コールドスタート時の初期化時間が特に遅く問題になります。それを解決する手段としてSnapStartという機構が用意されています。 発表当時はJava11のみの対応だったのですが、現在はJava11, 17, 21に対応しています。SnapStartを検証してみました。 SnapStartを試してみるSnapStartでコールドスタートが高速化することについては、いろん

    • 固定された記事

    企業理念が私たちを1つにする――「Empower Data」「Innovate the Business」そして「Shape the Future」へ

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー
      ウイングアーク1st
    • 採用広報ブログ
      ウイングアーク1st 他
    • ENGINEER TECH BLOG
      ウイングアーク1st 他
    • WARPの歩き方
      ウイングアーク1st 他
    • ウイングアーク1stのできごと
      ウイングアーク1st 他
    • データのお祭り「updataNOW23」
      ウイングアーク1st

    記事

    記事をすべて見る すべて見る
    • NGINXの設定 Tips 2

      はじめに皆様、あけましておめでとうざいます(もう2月ですが。。。) 今回もNginxのちょとしたTipsに触れたい思います。 かなり基本的な内容となっているので、すでにNginxを利用されている方には物足りないかもしれませんがお付き合い頂ければと思います。 なお前回の記事はこちらになります。(https://note.com/fair_tern448/n/n850954834104) 設定ファイルをワイルドカードで読み込まない実際に利用されている方はわかると思いますが、この

    • 採用組織論(採用におけるビジョン、戦略、組織について)

      こんにちは。Talent Attraction & Acquisition部(以下TA&A部)、採用マネージャーのミナミです。(壮大な題名をつけてしまったなとやや後悔していますがこのまま走ります) ここ数年、私の頭の中で高いシェアを占め続けている問いがあります。それは、外部要因としての採用のマーケティング化(*1)、そして内部要因としての当社における採用組織拡大のもとで、採用チームの組織体制をどのようにすればいいのかについてです。 世の中には、採用の戦術に関する知識やテク

      採用組織論(採用におけるビジョン、戦略、組織について)

      ウイングアーク1stの人的資本xデータ活用のこれから

      本日、ウイングアーク1stは国内唯一の「ISO 30414」認証機関である株式会社HCプロデュースの審査を経て、「人的資本に関する情報開示のガイドライン「ISO 30414」認証取得」を発表しました。なんと「情報・通信業初」の認証となり、日本含めアジアでも9社目!これはとってもすごそうだけれど、「ISO 30414」とはそもそも何?なにがどうなって認証されたのか?!私たちはどこへ向かうのか?などなど、本取り組みを行ってきた人事・サスティナビリティ領域の執行役員 吉田さんと P

      ウイングアーク1stの人的資本xデータ活用のこれから

    • 【第一回femto(フェムト)イベントレポート】記念すべき第一回開催の内容をご紹介!!

      こんにちは。Talent Attraction & Acquisition部の部門長のゴルファーです! いつも採用広報ブログを読んでくださりありがとうございますm(__)m 久々のラウンド(投稿)です!!今回は当社D.E.BASEで開催した自社主催イベントfemto(フェムト)についてご紹介します!! 記念すべき第一回femtoをD.E.BASEで開催!! 2/1(木)、記念すべき第一回femtoをD.E.BASEで開催しました!!ゲストは、株式会社Nazuna(以下Na

      【第一回femto(フェムト)イベントレポート】記念すべき第一回開催の内容をご紹介!!

      「カスタマーサクセス天下一武闘会2023」準優勝者が語る大会とCustomer Successの神髄

      2023年12月1日に開催されたカスタマーサクセスマネージャー向けピッチバトル「カスタマーサクセス天下一武闘会2023(以下、CS天下一武闘会)」にウイングアーク1stのCustomer Success部に所属する貝沼が出場し、準優勝に輝きました!応募理由から準備の過程、そして本番の心境は……?などなど、出場者だからこそわかるあれこれを貝沼に聞いてみました。そこから見えてくるウイングアーク1stのカスタマーサクセス(以下、CS)の強みや貝沼のCSへの情熱!ぜひ感じていただけれ

      「カスタマーサクセス天下一武闘会2023」準優勝者が語る大会とCustomer Successの神髄

    • ChatGPTとの連携を考えてみる③

      はじめに昨年11月のOpenAI DevDayにて、前回投稿したCode Interpriterも本家API(Assistant API)のみで利用できるようになるなど、ChatGPTの機能追加が連打されました。中でもGPT-4 with vision(以降「GPT-4V」)は、遂に画像の認識も可能となり、いよいよマルチモーダルの本領が表れたと言えます。 一方、後を追うように、Googleも12月にGemini(画像認識可)を発表し、熾烈な追い上げを見せています。LLaVa

      ChatGPTとの連携を考えてみる③

    • Try Go(Golang)字句解析プログラムを作ってみる(その1)

      仕事でプログラミングコードを書く機会がなかなか無い今日この頃です。 機会がなければ欲しくなるのが人の世の常 毎年の、年末年始の行事として何かしら作るようにしています。 今回は、Go(Golang)で字句解析のプログラムを作成してみました。 目的は仕様書や設計書を作る必要の無いプログラミングを楽しむためとGo(Golang)を理解するためです。 技術的な要素や厳格性はありませんので手記として捉えていただきたいと思います。 Q:なぜ、Golangを選んだのか? A:付き合った

      Try Go(Golang)字句解析プログラムを作ってみる(その1)

    • イノベーションラボ「D.E.BASE」の設備を写真付きでご紹介!

      こんにちは!ウイングアーク1stの人材獲得部門、Talent Attraction & Acquisition部のジナンです。いつも採用広報ブログを読んでくださりありがとうございます! 先週に続き、エンジニアの育成と採用を目的とした、エンジニアのためのイノベーションラボ「D.E.BASE(Data Empowerment BASE)」(東京都千代田区)の紹介記事となります。 今回はD.E.BASEの設備を写真付きで紹介させていただきます! まず、エントランスにはPana

      イノベーションラボ「D.E.BASE」の設備を写真付きでご紹介!

      2024年、ウイングアークエンジニアによるテックブログは続きます。

      皆様こんにちは!! ウイングアーク1stで、CTOに就任している島澤 です。2022年の夏からスタートしたテックブログも約2年、60以上のテック関連記事をnoteで公開できました。 昨年の出来事といえば、そんなテックブログを発信しているクリエイターのアーキテクトメンバーが集うイノベーションラボを、東京の秋葉原に2023年12月に開設しました。 ラボにはこのテックブログで執筆しているメンバーも常駐しており、エンジニアの方との交流の場にしたいと思っていますので、興味ある方はぜ

      2024年、ウイングアークエンジニアによるテックブログは続きます。

    • イノベーションラボ「D.E.BASE」への道のりを写真付きでご紹介!

      こんにちは!ウイングアーク1stの人材獲得部門、Talent Attraction & Acquisition部のチームリーダー兼、新米パパのミナミです。 当社は先般、エンジニアの育成と採用を目的とした、エンジニアのためのイノベーションラボ「D.E.BASE(Data Empowerment BASE)」(東京都千代田区)を開設しました。 今回はD.E.BASEまでの道のりを写真付きでご紹介させていただきます! 最寄り駅は秋葉原駅です。電気街北口からお越しいただくと便利で

      イノベーションラボ「D.E.BASE」への道のりを写真付きでご紹介!

    • OAuth2でメール接続

      セキュリティ向上のため、多要素や人の手による随時操作を前提としたリアルタイムな評価ポリシーの採用が広がっています。 Microsoft社の Exchange Online でも基本認証が廃止されました。 https://learn.microsoft.com/ja-jp/exchange/clients-and-mobile-in-exchange-online/deprecation-of-basic-authentication-exchange-online サービ

      最強バーチャルアシスタント「でじさぽ」誕生秘話~営業メンバーの何気ない書き込みから、お客様の”最新状況把握”ツールを開発~

      ウイングアーク1stでは昨年、お客様対応向上を目指した社内向けバーチャルアシスタント「でじさぽ」が誕生! 自社製品のコミュニケーションプラットフォーム「dejiren(デジレン)」を介して、「Salesforce」に登録しているお客様からの問い合わせ状況をリアルタイムに取得し、同じく自社製品のBIダッシュボード「MotionBoard」上で可視化できるバーチャルアシスタントで、主に営業部門のメンバーがお客様への迅速なサポートのために活用しています。 この「でじさぽ」、ある営業

      最強バーチャルアシスタント「でじさぽ」誕生秘話~営業メンバーの何気ない書き込みから、お客様の”最新状況把握”ツールを開発~