ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://corp.wingarc.com/

ウイングアーク1st

データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://corp.wingarc.com/

リンク

マガジン

  • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

    ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。

  • ENGINEER TECH BLOG

    • 24本

    ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。 アーキテクトを担うITエンジニアメンバー(社員)が、かわるがわる「ものづくり」のナレッジやそのソース、TechのHowToを発信します。

  • ウイングアーク1stのできごと

    • 80本

    ウイングアーク1stでの日々の出来事をお届けしています。

  • データのお祭り「updataDX22」

    2022年10月に実施したウイングアーク1st主催イベント「updataDX22」に関するマガジンです

  • データ活用LOVERS

    ウイングアーク1stのプロダクツやソリューションの活用ノウハウについて、社内外のデータ活用を愛する人たちの声をお届けしていきます。

最近の記事

カスタマーサポート“中”の人が語るサポートの現在、未来~製販一体の利を生かし、選ばれる理由になるカスタマーサポートへ~

「日経コンピュータ顧客満足度調査2022-2023」のデータ分析・利活用支援ソフト/サービス部門において顧客満足度1位(※)を獲得しているウイングアーク1st。お客様の満足度向上の要を担うのが、カスタマーサポートです。そのカスタマーサポート業務を統括する2名のマネージャーと、現場で働く2名のメンバー(社員)にサポートの現在と未来について、インタビューを行いました。 この記事を読めば、弊社が提供する高い支援力の理由や戦略がわかるかも!?ぜひご覧ください。 問い合わせの敷居を下

  • Apache Commons VFS のすすめ (3)

    はじめにCommons VFS には「Virtual File System」という機能が存在します。 Commons VFS の VFS も Virtual File System の略称ですが、「Virtual File System」は Commons VFS にある機能としての「Virtual File System」です。 今回はこの「Virtual File System」と言う機能について紹介してみようと思います。 Commons VFS の基本的な機能に

    • 月曜朝一をなごやかに すぐに使える営業ネタ発信の舞台裏 Check in Mondayに迫る

      月曜の朝、みなさんはどんな気持ちでスタートしますか? 金曜の午後や連休前の気持ちとは違ったもの…日曜の夕方くらいから、憂鬱な気持ちになる「サザエさん症候群」なるものに近い方もいるかもしれません。 今回のnoteでは、ウイングアーク1stの月曜日9時から、気持ちよく1週間をスタートし駆け抜けるための、営業による営業のためのコミュニケーションと共有の場「Check in Monday(以下CIM)」をご紹介します。 等身大の情報提供の場「CIM」 ――野口さん(営業本部 営業

    • ISV パートナーとして他社のプラットフォームで製品を開発する

      はじめに筆者は Now Platform(ServiceNow) や Salesforce Platformなどの他社プラットフォーム上で、弊社サービスの連携製品を開発しています。 クラウドに係わるエンジニアの方は、Sierとして各種クラウドサービスの導入に携わるか、AWSやAzure上に自社の製品・サービスを構築し、運用・開発を行っているケースが多いのではないかと思います。 自社のクラウドサービスを他社のSaaS/PaaS上で提供するための製品を開発する、というのは、クラ

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー
      ウイングアーク1st
    • ENGINEER TECH BLOG
      ウイングアーク1st 他
    • ウイングアーク1stのできごと
      ウイングアーク1st 他
    • データのお祭り「updataDX22」
      ウイングアーク1st
    • データ活用LOVERS
      ウイングアーク1st
    • データのお祭り「updataNOW 21」
      ウイングアーク1st

    記事

    記事をすべて見る すべて見る
    • サービスの成長に伴うアーキテクチャの変更

      はじめにサービスが成長するにつれてどのような課題が発生し対策を実施していくのかを簡単なREST APIを題材に考えてみようと思います。 「あるある」REST API Service マルチテナントにてリソースの登録、検索、変更、削除を行うためのREST API Serviceを開発し、運用を開始する。 1.とりあえずはじめました課題 サービス開始時は利用状況やサービスの規模が読めないため、スケールの設計が難しい。 戦略 とりあえず、早く安くサービスを構築することに

      ウイングアーク1stの エンジニアテックブログ!

      皆様こんにちは!! ウイングアーク1stで、CTOに就任している島澤 です。2022年の夏からスタートしたテックブログも20テックの記事公開ができました。 私たちが取り組んでいる技術はチャレンジングで面白いのに、伝わらない・・というもどかしさからはじめたのですが、想定通り?なかなか自由なテーマでお届けできているでしょうか・・・ そんなエンジニアブログから、さみだれ式での「しょう(賞)」を5つピックアップしました。お楽しみください! いきなり「運用ログ」でしょう。 映えある

    • Locustでお手軽負荷検証

      LocustというPython製の負荷検証ツールをご存知でしょうか。 Webアプリケーションの負荷検証がお手軽に行えるフレームワークで、Pythonを使ってテストを定義できるうえ 便利なWebUIも付いてきます。 もともと筆者はJavaのJMeterを使っていました。 特殊な認証処理を自動化するため、リクエストごとに内容を動的に書き換えられるようなプラグインの実装を検討していたのですが、 JMeter自体年季が入っていることもあり開発体験が体に合わず断念してしまいまし

      ウイングアーク1stの 2022年人気記事ランキング

      2022年も早いものであと半月。底冷えするような寒さが続きますが、元気に過ごされていますか?この1年で50記事以上公開してきたnoteの中から、人気だった記事のランキング(PV順)発表をしたいと思います! まずは5位から! 5位 ITエンジニアは激務なの? 入社4年目のリアルを聞いてみました。〜入社4年目同期クラウドエンジニア編〜 入社4年目の開発職同期コンビに、クラウドエンジニアのリアルを聞いてみたエンジニアインタビューが5位にランクイン!多くの方に読んでいただけて嬉

    • PlantUMLを新機能開発で使ってみた

      みなさん、UMLを使っていますか? 文章だけでは伝わりにくいことも、UMLなら簡潔かつ的確に伝えることができたりします。 今回はUMLの描画ツールとしてPlantUMLと、私が携わった新機能開発プロジェクトにおけるUMLの使い所の実例をご紹介します。 UMLとは?まず、UMLとは何かを確認しましょう。 Wikipediaでは、以下のように説明されています。 いわゆる「オレオレ図表」だと、他者との意思疎通が難しくなります。UMLは標準的なモデリング手法なので、UMLを知って

      40万歩以上歩いて2950本の木を植えたウォーキング・クエストの話

      ウイングアーク1st恒例のウォーキング大会が今秋も開催されました!「ウォーキング大会」といっても全社が一堂に会して行うのではなく、期間中に各個人がそれぞれの好きな場所、好きなペースで歩いて歩数を集計するというイマドキな大会。ウォーキングによる健康増進はもちろん、入社同期ごとの対抗戦で戦うというゲーム的な側面と、歩いた歩数によって地球の緑化に貢献できるという社会貢献の側面もあるというユニークなイベントです。なんでも今回は「クエスト」要素が満載だったとか!?大会を企画、運営したW

    • React・TypeScript・MUI で Excel Office Addin の開発(1)

      みなさん、こんにちは。ウイングアーク1stの いしま です。 Excel Office Addin を React・TypeScript・MUI で開発する機会があり、今回は以下の内容をご紹介します。 開発環境の作成方法 デバッグ方法 ※当記事は Windows環境で PowerShell・ NodeJS ・Visual Studio Code などが操作できる前提の内容になっています。 ※MUIはReact用のUIコンポーネントライブラリです。 React・Typ

      エンジニアに求められる自己発信力ってどんなもの?議論を交わしながら製品の機能を磨く開発エンジニアに聞いてみました。~入社8年目:製品思考力がピカイチの開発エンジニア編~

      質問に対して何ひとつ澱むことなく速攻、明確に回答する勝亦さん。インタビューはサッカーのワールドカップ開催時期と重なっていたのですが、自ら試練を課して自分と闘い自己を高めていく一流のアスリートを彷彿させました。そんな勝亦さんのインタビュー、最後までお読みいただけると嬉しいです! 製品の機能開発を行うサウナ好きの8年目エンジニア  —自己紹介をお願いします。  入社8年目のエンジニアです。弊社が提供するBIダッシュボード「MotionBoard」において、エンジニアが使う機能

    • 印刷に関連したサイズについて

      こんにちは。Atiranです。SVFの開発に携わっています。 SVFの印刷に関連した内容を記載していきたいと考えています。 今回はサイズについてのお話になります。 SVFをご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にお伝えしますと、企業における様々なドキュメントを帳票として簡単にデザインでき、印刷、電子ファイルとして出力できる帳票基盤です。今回の内容はSVF固有のお話ではなく、一般的な内容となりますので、SVFの詳細説明は割愛させていただきますが、ご興味のある方は過去

      初!ハイブリッド開催&総視聴数27,000超を記録!「updataDX22」 データドリブンな舞台裏

      10月12日(水)~14日(金)にウイングアーク1st主催の国内最大級ビジネスカンファレンス「updataDX22 (アップデータディーエックス)」。今年で19回目となる弊社名物イベントですが、今年は初のオンライン配信とリアル会場のハイブリッド形式で開催。 結果、オンラインの延べ視聴数は27,000超、お申込み総数は17,000名を越えることができ、弊社史上、最大規模のイベントとなりました。今回の記事では、この数字を達成した舞台裏、データドリブンなイベント運営についてお届けし

    • 音声認識モデル(Whisper)から感じる音声検索の可能性

      みなさん、こんにちは。はせちです。 OpenAIより2022年9月に公開された「Whisper」が面白そうだったので触ってみました。 WhisperとはWhisperは、OpenAIが開発している汎用の音声認識モデルです。 音声や動画ファイルから音声認識をしてテキストデータに変換します。 テレビや映画で字幕が出てくるようにテキスト化してくれるものです。 多様な音声の大規模なデータセットでトレーニングされていて、多言語の音声認識、音声翻訳、言語識別を実行できるマルチタスク

    • updataDX22レポート【後編】

      ”DXでビジネスをアップデートする国内最大級イベント”updataDX22についてのレポート【後編】です。 →【前編】はこちら。 元々予定していた内容は『ナレッジ活用が大事、諦めずチャレンジしよう! NEW SALES ナレッジとデータで実現する新時代の営業組織のつくりかた』を考えてましたが後回しにし、『ウイングアークユーザーのための「nest祭」』をレポート後編にします。 「nest」とはウイングアーク1st 社のユーザーコミュニティです! その魅力は こちらのnote