マガジンのカバー画像

ENGINEER TECH BLOG

84
ウイングアーク1stのエンジニアによるテックブログです。 アーキテクトを担うITエンジニアメンバー(社員)が、かわるがわる「ものづくり」のナレッジやそのソース、TechのHow…
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事
2024年、ウイングアークエンジニアによるテックブログは続きます。

2024年、ウイングアークエンジニアによるテックブログは続きます。

皆様こんにちは!! ウイングアーク1stで、CTOに就任している島澤 です。2022年の夏からスタートしたテックブログも約2年、60以上のテック関連記事をnoteで公開できました。

昨年の出来事といえば、そんなテックブログを発信しているクリエイターのアーキテクトメンバーが集うイノベーションラボを、東京の秋葉原に2023年12月に開設しました。

ラボにはこのテックブログで執筆しているメンバーも常

もっとみる
D.E.BASEエントランスの自動ドア認証システムを見てみる

D.E.BASEエントランスの自動ドア認証システムを見てみる

はじめにはじめまして、ウイングアーク1stのぺいと申します。
今回はD.E.BASEのエントランスにある自動ドア認証システムを見てみたいと思います。
社内メンバーと協力して面白い仕組みを作成しましたが、発信の機会が中々なかったのでこの場をお借りして紹介させていただきます。

みなさんは、D.E.BASEをご存知でしょうか?
D.E.BASEは、エンジニアの育成と採用を目的とした、エンジニアのための

もっとみる
生成AIの能力をどう評価するか? ~激化するLLM競争を正しく見極めるために~

生成AIの能力をどう評価するか? ~激化するLLM競争を正しく見極めるために~


はじめにはじめまして、ウイングアーク1stのこへもこと申します。
今回の記事では、大規模言語モデル(LLM: Large Language Models、以後LLM)の性能評価の裏側を紐解いていきたいと思います。

生成AI(Generative AI)、特にLLMの進化は目覚ましいものがあります。GPT-4o, Claude 3, Gemini 1.5, command R+など数々のモデルが

もっとみる
Java21で正式リリースされた Virtual Threads に触れる

Java21で正式リリースされた Virtual Threads に触れる


はじめまして!ウイングアーク1stのとむです。
普段の業務ではJavaでWebアプリケーションの開発をしています。
初めての記事投稿ということで、最近Javaに正式追加された Virtual Threads について書きたいと思います。

Virtual Threads とはProject Loom として開発された、高スループットを実現できる軽量なスレッドの実装です。
詳しい背景などは JEP

もっとみる
生成AIのWebAPI料金を比較してみた  ~OpenAI、Anthropic、Google、Cohereの料金体系とコンテキストサイズを解説~

生成AIのWebAPI料金を比較してみた ~OpenAI、Anthropic、Google、Cohereの料金体系とコンテキストサイズを解説~

はじめして。WingArc1stで働いているエンジニアの🗻🌸(ふじさくら)と申します。

近年、自然言語処理の分野で大きな注目を集めている生成AI(Generative AI)は、与えられたプロンプトに基づいて、文章、画像、音声などのコンテンツを生成することができます。特に、Large Language Model(LLM)と呼ばれる大規模な言語モデルは、その性能の高さから、様々な業界で活用が

もっとみる
KEDAによるKubernetesのイベントドリブンなスケーリングの実践

KEDAによるKubernetesのイベントドリブンなスケーリングの実践


KEDAとはKEDA(Kubernetes Event-driven Autoscaling)はKubernetesで動作するイベントドリブンなスケーリングを実現するためのコンポーネントです。CPUやメモリ使用率だけでなく、外部サービスやミドルウェア、独自のAPIなどと連携することで、さまざまなイベントやメトリクスに基づいてKubernetesのワークロードをスケーリングします。

クラウドネイ

もっとみる
暗号理論(3)

暗号理論(3)

はじめにこんにちは、No.5です。
今回も暗号についての記事となります。

暗号理論1回目は公開鍵暗号とRSA暗号、
暗号理論2回目は秘密分散法を紹介しましたが、
暗号理論3回目のAll-Or-Nothing Transformという暗号化方式を紹介します。

All-Or-Nothing TransformとはAll-Or-Nothing Transform(以下、AONT方式)とは、暗号に対す

もっとみる
GS1 QRコードについて

GS1 QRコードについて

はじめに前回に引き続き、SVFに関連した話題を記載したいと思います。
SVFは各種バーコードを出力できますが、その中でもGS1規格に準拠したQRコードについて触れてみたいと思います。

GS1とはGS1は、流通に関する標準化を行う国際機関であり、自動認識技術の仕様などを定めてサプライチェーンの効率化を推進しています。世界110以上の国・地域が加盟しており、日本ではGS1 Japan(一般財団法人流

もっとみる
invoiceAgent文書管理の10年の足跡

invoiceAgent文書管理の10年の足跡

ウイングアーク1st20周年みなさんこんにちは、はせちです。
先日invoiceAgent文書管理の開発初期の写真がないかと尋ねられました。
探してみましたが、なかなか見つからないものですね。
お酒が入った宴席でのふざけた写真は出てくるものの、
そもそも日々の開発中に写真をとる機会はほとんどなかったので
写真がないのは当然です。

ようやく集合写真的なものが一枚見つかりました。
そんな古い写真を見

もっとみる
仮想マシンの仮想基盤 KVM へ移行を試してみました

仮想マシンの仮想基盤 KVM へ移行を試してみました

みなさん、こんにちは。わっくぼです。
今年は3月になって寒くなる事が多く、また、急に暑くなって体調の管理が難しい日々です。

さて、今回は VMware社のESXi が2月で提供終了との事で、Linux の検証用途に ESXi を利用していましたが、次の仮想基盤に何を採用すべきか悩ましいところがあります。

所属しているウイングアーク1stでは、Microsoft社 Windows サーバーの機能

もっとみる
bpftraceによるGoアプリケーションのトレース

bpftraceによるGoアプリケーションのトレース


はじめにシステムの状態を的確に捉え、運用に必要なインサイトを継続的に得るための特性は「オブザーバビリティ」と呼ばれます。オブザーバビリティを実現することで、パフォーマンスのモニタリングやトラブルシューティングを効果的に行い、システムの信頼性を高めることができます。

この重要な特性を実現する上で、eBPFやbpftraceは強力なツールとなります。

本記事では、Goアプリケーションにおけるオブ

もっとみる
ウイングアーク1stの エンジニアテックブログ!

ウイングアーク1stの エンジニアテックブログ!

皆様こんにちは!! ウイングアーク1stで、CTOに就任している島澤 です。2022年の夏からスタートしたテックブログも20テックの記事公開ができました。
私たちが取り組んでいる技術はチャレンジングで面白いのに、伝わらない・・というもどかしさからはじめたのですが、想定通り?なかなか自由なテーマでお届けできているでしょうか・・・
そんなエンジニアブログから、さみだれ式での「しょう(賞)」を5つピック

もっとみる
この製品覚えてますか?

この製品覚えてますか?

ウイングアーク1st 20周年
「いつも昔話ばかり書いていて良いのだろうか」「何か他の技術者の役に立つようなことを書くべきか」と、毎回何を書くか悩んでいますが、今回は20周年ということで、堂々と昔話を書くことにします。
あまりにも昔のことなので、記憶違いや勘違いがあったらごめんなさい。

まずは、ウイングアーク1stになる以前からある製品から。

Virtual-DOS

これはWebで検索しても

もっとみる
文字組の話(ルビ)

文字組の話(ルビ)

ルビは読み方や意味の補足を行うために利用される文字組の機能の一つです。今回はルビについてのお話です。

ルビは、平仮名が発展した平安時代から使われるようになったそうです。現代でもルビは漢字の読み方や、専門書における用語の解説、または外来語の表記として活躍しています。人が文章を読みやすくするために様々なシーンで利用されています。

ルビはHTMLの仕様としても定義されています。
https://ht

もっとみる