マガジンのカバー画像

ウイングアーク1stのはたらく人とカルチャー

12
ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

高め合えるカルチャーの中で働くということ~周囲との関わりから生まれるデジタルマー…

ウイングアーク1stのマーケティング戦略の中でも、特にこの1年で急成長したのがデジタルマ…

世界最高峰のマーケティング組織を目指して! 事業に貢献するマーケティング機能へ、…

ウイングアーク1stの事業を牽引する、マーケティング本部。ここ数年で変革が急速に進み、事…

究極の目標は「問い合わせゼロ」。“MotionBoard Cloudの女神”が家庭と仕事で高パフ…

新型コロナウイルスの影響で、ウイングアーク1stでは本社の執務エリアを撤廃し、リモートワ…

大阪から東京のメンバーをマネジメント。社会の変化に合わせたマネージャーからはじめ…

2020年、新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく変わった。ウイングアーク1stにおいても…

キャリアチェンジで出会えた営業職というフィールド

いちばん楽しいと感じる瞬間を味わえる職種に方向転換 営業職を希望して2019年5月にウイングア…

目標は50代でスーツを着こなすかっこいい女性

ウイングアーク1stに新卒で入社、一度は転職したが復帰し、マーケティング部門のマネージャ…

知見の蓄積は思い込みを捨て去ることから始まる

嘉藤 晃招がウィングアーク1stに入社した理由は明瞭だ。「自社製品を持っていること」「エンジニアの人材育成にも積極的」「裁量権を与える自由度がある」の3つ。これと決めたら突き進む嘉藤。その行動の背景には「思い込みを捨て去ることによって、知見は蓄積される」という確固たる信念がある。 Amazon技術認定資格の取得から意識した転職 2018年10月入社の嘉藤は2020年現在、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を稼動させるインフラ管理に携わっている。これまで

スキ
12

今はエンジニアというだけ。こだわりのモノづくりと働き方ポリシー

ウイングアーク1stでの新製品開発チーム最若手エンジニアの阿部 孝仁の一日は多様な働き方…

トップ営業を目指して一に準備、二に準備

ウイングアーク1stで、営業を担当している福田 陽平。前職で営業成績がトップになった経験…

これが私の強み!転職エンジニアが新天地で奏でるハーモニー

転職してウイングアーク1stにやってきた江幡 美咲が、主力製品「SVF」の開発エンジニアとし…

未来を支えるエンジニアのために。子ども向けIT教育に込める想い

「ものづくりの楽しさを体験することで、エンジニアを目指す子どもたちをひとりでも多く生み出…

「やってみては?」という後押しが自分達を成長させてくれる

ウイングアーク1stは、2018年6月にBMXフリースタイルで活躍する中村輪夢選手と所属スポンサ…