見出し画像

サボっていることを正直に打ち明けられる職場ってどういうこと!?開発エンジニアにチーム環境のリアルを聞いてみました。~入社4年目気鋭の開発エンジニア編〜

ウイングアーク1st

先輩や仲間へのリスペクトはあるものの、あくまでフラットな関係を望み貪欲に成長を求め続ける武島さん。「エンジニアの最高の福利厚生は優秀な人と働けること」と言い切れるのはなぜなのか?最後までお読みいただけると嬉しいです!

社内の人ともオンラインゲームを楽しむZ世代の開発エンジニア

 —自己紹介をお願いします。 

新卒4年目の開発エンジニアです。主に弊社が提供するBIダッシュボード「MotionBoard」のフロントエンド開発を行っています。また、弊社がトップスポンサーとして支援しているJリーグチーム「ギラヴァンツ北九州」のデータ活用のサポートや開発職の新人研修も担当しています。

―休日はどのように過ごしていますか。

オンラインゲームをしたり、好きな漫画を読んだり、アニメを観たり。たまに友達と出掛けたりもします。平日の業務終了後にも同じように趣味を楽しんでいます。ちょうど今夜も会社の人とオンラインゲームで遊ぶ予定です。

 ―社内の人とも!?
部内の人が多いですが、部外の人とも時々対戦しますよ。


―武島さんはまさにZ世代ですが、デジタル活用において会社の先輩や後輩にギャップを感じることはありますか。
無いですね。開発職の人たちは世代問わずデジタル分野に強い人ばかりで、私よりも詳しい人も多いのでいろいろ教えてもらうことも多いです。

武島さんの働くスケジュール

100%モノづくりの開発者でいられて、「心理的安全性」が確保できる職場は魅力!

—武島さんが考えるエンジニアの魅力は何ですか。

何よりも「モノづくり」ができることです。意味や価値を自分の手によって製品に与える行為ができることは誇らしいです。また、常に進化し続けているIT業界に身を置くことで自分の価値観が更新されていくことも楽しいです。

—では、ウイングアーク1stのエンジニア職ならではの魅力はありますか。

100%モノづくりの開発者でいられることです。作り手が「こういうモノをつくりたい!」と情熱を持ってこそ、よいモノが生まれるという考えが社内に浸透しているため、社内で議論を尽くして、自分たちで何をつくるのかを決めることができるのがいいですね。また「今は仕事をサボっている」と正直に打ち明けられるほど、チームの人たちと信頼関係を築けているという「心理的安全性」が保たれている職場環境も大きな魅力です。

—サボっていても受け入れられると!?

ひとたびスイッチが入ったらものすごく集中して高いパフォーマンスを発揮してきたし、それができるということを同じ開発者の共通認識として理解してくれている人が多いです。そうやって本音で話せる人たちに囲まれて仕事をできているからこそ、自分の力を最大限に発揮できていると感じますし、幸せな環境だと思います。

リモートでもコミュニケーションが活発!孤独感はゼロ

―所属している部署はどんな雰囲気ですか。

コミュニケーションが活発ですね。一般的なビジネスチャットを活用するだけでなく、「oVice」というバーチャルオフィスツールを活用していて、一緒のチームの人と会話しながら作業をすすめたりしています。リモート勤務でも孤独を感じないどころか気軽に話しかけやすくなって、いろいろな人と会話できるようになりました。

—リモート勤務だと気軽に話しかけづらいという声を聞くこともあるので意外です!

ざっくばらんな雰囲気づくりをマネージャーが行ってくれているおかげもありますね。開発のマネージャー陣は開発業務と並行してマネージメントもしっかりと執り行ってくださっているので脱帽です。


副業して気づいた。社内で優秀な人と学べてたこと。
目指すべき優秀な人と働ける職場。それが、エンジニアの最高の福利厚生


—そのような環境で開発に集中できるエンジニアとして、スキルアップのために何か行っていることはありますか。

一時期、成長を求めて社外の開発案件に副業でジョインしていたことがありました。でも、他社の人々と関わったことで、ウイングアーク1stにはお手本になる優秀な先輩方がたくさんいることに改めて気づくことができて、副業は辞めたんです。そこからは、お手本になるような社内の先輩方と一緒に仕事をすることで自分がどうやったら成長できるかを考え、チームに貢献することに集中し努力しています。目指すべき優秀な人と働ける職場こそ、エンジニアの最高の福利厚生だと感じています。

—今後のキャリアプランについて教えてください。

まだ触れたことのない新しい技術をどんどん吸収していきたいです。現在、担当製品のバージョンアップに向けてフロントエンド開発を行っていますが、次はサーバーサイド側を担当して新しい技術を吸収していきたいと考えています。

円滑なコミュニケーションと「わからないこと」を自分のモノにしていくことが重要

-どんな人と一緒に働きたいですか。

現在の部署では「MotionBoard」というひとつの製品に長く携わっていく業務スタイルですので、チームプレイヤーとして長く信頼関係を築いていける人がいいですね。素直に相手をリスペクトできて、対話ができる人がこのチームには合っていると思います。実際にチームにはそのような人が多いので雰囲気がとてもいいです。

-最後に、これから開発職を目指そうとする人にメッセージをお願いします!

日々新しい技術が生まれてくる職種なので、わからないのが当たり前。その「わからないこと」を放置せず素直に自覚して、自分で調べて学んだり、臆することなく人に聞いたりして自分のものにしていく素早い行動がエンジニアの成長の鍵だと思います。一緒に頑張ってこの業界を盛り上げていきましょう!

(編集後記)サボっても??ではなく、オンオフのメリハリがついた働き方。限られた時間の中でどうパフォーマンスを出していくか?会社に縛られない副業や社会人4年目にして、しっかり身についている自分流働き方の哲学は、昭和生まれの私としては眩しいばかりでした。さらなる成長を応援するばかりです!w(PR:山本)

武島さんのちょっぴり先輩たち“Engineering Interview”はこちら!応援いただけると嬉しいです。

採用について詳細は下記からご覧いただけます。我こそは!という方と出会えることを心から楽しみにしています!
https://www.wingarc.com/company/recruit/

**********************************いつもウイングアーク1stのnoteをご覧いただきありがとうございます。読者のみなさんからいただく記事のスキ「♡」も編集部の励みになります!**********************************


この記事が参加している募集

オープン社内報

リモートワークの日常

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!