新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

究極の目標は「問い合わせゼロ」。“MotionBoard Cloudの女神”が家庭と仕事で高パフォーマンスを維持する秘訣とは?

ウイングアーク1st

新型コロナウイルスの影響で、ウイングアーク1stでは本社の執務エリアを撤廃し、リモートワークへと大きく働き方が変化した。ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」のカスタマーサポート担当である落合麻衣子も、2度の産休と育休を経て現在リモートワークで業務をこなしている。家庭と仕事を両立させながら、高いパフォーマンスで業務をこなす落合の働き方とは。

産休・育休明けもカスタマーサポートを志願

落合は、カスタマーサポート部に所属し、ユーザーからの問い合わせに答えるのが主な業務だ。前職はSEで、帳票ソフトウェア「SVF」を使用していた経験が、ウイングアーク1st入社への縁となる。SVFのユーザーであったのと「サポート業務に就きたい」という思いから、特に採用募集はなかったが、お問い合わせ窓口から入社したい旨を直談判し、SVFのカスタマーサポートとして入社したという経歴がある。サポート業務への並々ならぬ意欲があるのがわかるだろう。

落合は、これまで2度の出産・育休を経験している。最初の出産の頃は、ちょうど社内の産休・育休システムが整えられていたタイミングだったという。人事担当者が産休明けの女性社員に「どうしたら働きやすい?」とヒアリングし、制度として整えられていった。そのおかげか、2021年2月現在では100%の女性社員が出産後に復帰して働いている。

育休明け直後は、サポート業務を離れたこともあったが、落合のカスタマーサポートをやりたいという熱意は衰えなかったという。

落合:カスタマーサポートは9時から17時まで業務を行わなければならないため、時短勤務では難しいということで一時的にサポート業務を離れて、FAQの作成やサポートサイトを運用する仕事を任されました。それでもやっぱり、私はどうしてもサポートがやりたいという気持ちがあったので、カスタマーサポートへの復帰を志願しました。

――育児中や家族の介護が必要な社員にとっても、両立ができるよう状況に応じてリモートワークへシフトするなど、ウイングアーク1stでは柔軟な働き方が整えられている。こういった制度も、サポート業務への復帰の支えとなっているという。

女神が大切にしているものは“早い・うまい・やすい”

業務時間が限られていても、9時から17時までというサポート業務の時間は短くならない。そんな状況でありながらも、落合はサポートケースの対応数およびクローズ数がほかの担当者に比べ3倍と、驚異的な対応件数を誇る。

続きが気になる方はこちら

※ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介しています(所属部署やインタビュー内容は取材当時のものです)

**********************************

いつもウイングアーク1stのnoteをご覧いただきありがとうございます。読者のみなさんからいただく記事のスキ「♡」も編集部の励みになります!

**********************************

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!