目標は50代でスーツを着こなすかっこいい女性
見出し画像

目標は50代でスーツを着こなすかっこいい女性

ウイングアーク1st

ウイングアーク1stに新卒で入社、一度は転職したが復帰し、マーケティング部門のマネージャー職に就いた鈴木杏奈。20名を超えるチームメンバー一人ひとりが気持ちよく働ける職場環境と、チーム全体の目標達成のためなら努力を惜しまない。目指すは「50代になってもスーツをかっこよく着こなすスタイル」だ。

4年ぶりに復帰し、マネージャーとなる

鈴木が現在担っているのは、マーケティング部門でインサイドセールス部隊を取りまとめるポジション。ここにたどり着くまでの道のりは、実にさまざまなものに彩られている。強さとしなやかさが持ち味の、鈴木らしいキャリアストーリーである。

鈴木:2011年に新卒で入社しましたが、営業部に3年務めた後、一度退職しました。海外で、今までとは異なる環境に身を置いて生活したいと思ったことが理由のひとつです。勢いのままカナダ・バンクーバーに語学留学し、帰国後は半年ほどゆっくり「スイートニートライフ」を送りました。その後はインセンティブ制度のあるところで働きたいと思い、外資系のネスレに就職。営業職を1年半、マーケティング職を1年半経験したあと、縁あって4年ぶりにウイングアーク1stに戻ってきました。いわゆる『出戻り組』です。

――実はそれなりに出戻り組がおり、彼らを温かく迎え入れる文化があるのもウイングアーク1stの特長のひとつだ。鈴木は営業職を軸に就職活動していた学生時代から「ウイングアーク1stの社員の人当たりの良さに惚れ込んでいた」という。

鈴木:退職後も、OJTでお世話になった先輩をはじめとした人間関係が続いていたので、会社の状況は常に把握していました。そんな流れでマーケティング部門から声をかけてもらって、再入社することになりました。マーケティングの経験はネスレでの1年半のみです。けれども、ネスレではマーケティングを上位に置く営業戦略に興味を持ち、目線を高めたセールススキルを習得したいと、マーケティング部門への社内公募に手を挙げた経験があります。世界的にも評価されているネスレのマーケティング戦略の一事業に関わらせてもらったこと、経験させてもらったことの一つひとつが糧になっていると信じています。

――鈴木は2018年11月に再入社すると、翌年5月には早くもインサイドセールスのチームリーダーに抜擢された。8月には組織改編によりグループマネージャーに、翌3月には部長へと昇格し、20名のメンバーを取りまとめている。

続きが気になる方はこちら

※ウイングアーク1stの社員のチャレンジや、組織改革、製品開発といった様々な取り組みについてご紹介しています(所属部署やインタビュー内容は取材当時のものです)

**********************************

いつもウイングアーク1stのnoteをご覧いただきありがとうございます。読者のみなさんからいただく記事のスキ「♡」も編集部の励みになります!

**********************************

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます。会えてうれしいです。
ウイングアーク1st
データxテクノロジーで社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指すウイングアーク1st株式会社の公式note。ウイングアーク1stでのできごとや、働く人の魅力を発信していきます。 https://www.wingarc.com/